婚活は女性より男性が有利? | 30代からの婚活|大阪市のIBJ結婚相談所 エルウェディング

恋愛経験が少ない人の婚活なら
婚活サポートエルウェディング
06-6764-4151受付時間/11~21時
(火曜定休)

える婚ブログ

2021年12月23日 男性の婚活

婚活は女性より男性が有利?

婚活は女性より男性が有利?

『婚活市場は女性の方が多いので男性は有利』

そんな言葉を聞いたことはありますか?。

まぁ確かにそれはそうなのですが、

では男性ならどんな人でも成婚できるか、と言えばやっぱり「人による」というのが正解です。

今回は、男性Y也さん(現在39歳)のお話。

 

イケメン男性。もうすぐ婚活歴3年

仕事が楽しかった30代前半。

Y也さんは「結婚はまだまだ先かな。今は仕事を頑張ろう!」と思っていました。

それに彼は婚活市場は女性が多いから男性は有利だと、どこかで聞いていたようでした。

彼は36歳(当時)になり、そろそろ結婚相手を探そうかと入会。

年収700万で172㎝細身、爽やかイケメンです。
すぐに決まるだろうと思っていたら、結婚相談所に入会してもうすぐ3年が経とうとしています。

 

彼は忙しい仕事の合間に時間を作って婚活をしています。
優しく真面目で、会話も滞りなく誰とでも普通に話せます。

好きになった女性は絶対に守ってみせると言わんばかりの、一本筋の通った男気のある男性です。

なぜそんな男性が3年も婚活することになったのか…。

「そんな態度許せない!」

お見合いではみなさんご存知のように、事前にプロフィールを見てお相手と出会います。
なのでプロフィールを元に質問することができるため、会話が苦手な人はお見合いはオススメできます。

 

でもその点、Y也さんはお相手女性を気遣いながら喋ることのできる男性なので、お見合いの心配は全くしていませんでした。

ところが実際はお見合いは出来てもあまり交際成立成立しなかったのです。

女性から申し込まれて受けたお見合いならまだわかるのですが、Y也さんから「良いな」と思って申込みをしたお相手とのお見合でも、また会いたいと思う女性となかなか出会えないようでした。

 

理由を聞いてみました。

僕のプロフィールをちゃんと読んでくれてない女性ばかりなんです。僕に興味を持てないなら、申込みを受けて欲しくありません。失礼です!」と憤慨されるのです。

どうやらプロフィールに書いてあることに関してあまり質問されなかったそうなのですが、普通に会話は出来ているのに彼はそこにこだわっていました。

うーん…そうですね、

まぁ確かに私もその立場なら「ちゃんとプロフィール読んできてくれてるの?」と同じように思うかもしれません。

でも憤慨するほどのことなのでしょうか。

ひとまず普通に会話が出来ればOKで良くない?」と思うのですが、あなたはどう思いますか?

 

プロフィールを事前チェックする目的は?

うちの会員さまには

「お見合い前はプロフィールを必ず読んで、どんな話をしたらお相手が喜んでくれるか考えてみてくださいね」

「プロフィールに書いてあることに対して質問したら、自分のことに興味を持ってくれてるなと思ってくれますよ」

などと、お見合いの心得的なことを伝えています。

プロフィールを見るというのはイコールその人に興味を持っているということですし、ちゃんとチェックしてくれていたら嬉しく思うからです。

 

でも、逆はイコールにならないこともあるのです。

逆というのは

プロフィールに書いてあることに関しての質問がなくても、イコールお相手に興味がないと言い切れないということ。

 

たとえば、女性会員T里さん30歳。

彼女は優しそうな雰囲気で常に自然体。どんなタイプの男性とも話せる笑顔の素敵な女性で、普通に会話さえできたら男性の言葉の中から話ネタを拾うことが出来る特技を持っています。

 

お見合い前にはお相手のプロフィールを読んで、どんな話をしようかと考えるそうですが、そもそも彼女のプロフィールを読む目的は、会話ネタを探すことではなく、どんなお人柄なのかを推測すること。

そしてお見合いでは普通に会話をしながら、お相手の良いところを探しつつフィーリングを確認する。

なので、プロフィールに記載のあることを話題にすることももちろんありますが、その時に浮かんだ聞きたいことや話したいことを話題にすることが多いのです。

プロフィールに頼り過ぎていないんですよ。

 

そんなタイプの女性も(ひょっとしたら男性も)存在するということを、Y也さんは気付いてないのです。

彼は自分の考え(お見合いではプロフィールの中から話題しないといけない)を頑なに思い込んでいる、言い方を変えれば、自分の考えが100%正しいと相手に押し付けているということなのです。

 

終わりよければすべて良し。臨機応変に!

例えお見合い前にプロフィールを読んでくれてなくても、楽しくお話しできたり、きちんとお互いを知ることが出来たらそれで良いのです。

まぁそうは言っても、プロフィールを事前チェックしてもらってないと残念には思いますけどね。

しかし「読んでないこと」がその人の人格すべてを否定することにはならないと思うんですよね。

仕事が本当に忙しすぎて読めなかったのかもしれません。

また読んだけどお見合い本番で緊張して、覚えていたことが飛んで行ってしまったのかもしれません。

 

とにかくポイントとしては、

自分の考え・価値観を相手に押し付けないこと。
こんな人もいるんだとまずはお相手を受け入れること。
それはもっと一言で言うと
「柔軟な考え方を持って欲しい」ということ。
いろんなタイプの女性が色のですから。
 
Y也さん、「こんなはずじゃなかった!」とお相手探しを焦っています。もうすぐ40歳。婚活では大きな分岐点です。
彼のように自分の考えを曲げない頑固な人は、正直なところ結婚はかなり難しいでしょう。
だって結婚した後も、お相手との間で問題が起こることは普通にあります。その時、ちゃんとした話し合いができるかどうかがとても不安です。
 

結婚相手を見つけやすい人

婚活期間が短い人の共通点のひとつに
「お相手の良いところを見つけるのが上手い」
ということがあります。
 
Y也さんは女性が自分の予想していた質問をしてくれないと、「それならお見合いしなかったら良かったのに!」まで発言し、お相手女性を全否定しています。
 
人間誰しも長所短所がありますね。
せっかく幸せになるための出会いなのだから悪いところを見つけて判断材料にするのではなく、良いところを見つけるようにして、お相手に「あなたは〇〇〇〇なところが素敵ですね!」と伝えてみましょう!
褒められたら誰でも嬉しいですよね。
それだけで「自分のことを良く思ってくれているな」と感じます。
するともっと良いところを見せようと思うのが人間(笑)
 
あなたも一度やってみて。
 
 

******************************

 あなたに合ったアドバイスをいたします。

婚活のことならおまかせあれ!

 

無料相談はこちら!

 

関連Blog

婚活が上手くいく『喜び上手』

気持ちは口に出さないと伝わらない

あなたのご希望条件に合うお相手は?

まずは無料お試しマッチングをお気軽にどうぞ。あなたに代わってお調べします。

トップページへ